【1分でわかる】最高のパフォーマンスを発揮するエッセンシャル思考を身につけろ!!

書評

「エッセンシャル思考」とは、自分にとって一番大事なものを見極め、それ以外の選択肢をうまく捨て、本質的なものに最高の力を発揮できるようにする技術のことです。エッセンシャル思考を身につければ、最少の時間で最大の成果を収めることができるようになります。

この記事で分かること

●エッセンシャル思考とは何か?
●エッセンシャル思考の基礎となる3つの考え方とは?
●エッセンシャル思考を阻む3つの思い込みとは?

エッセンシャル思考とは何か?

正しいことに力を注いでいるか?

エッセンシャル思考とは、自分にとって一番大事なものを見極め、それ以外の選択肢をうまく捨て、本質的なものに最高の力を発揮できるようにする技術のことです

このように、自分のリソースを重要なことに効率的に配分することで、重要な仕事で最大の成果をあげることがエッセンシャル思考のねらいです。すべてをやりきろうとは考えず、何かを取るために何かを捨てるという思考を持つことが大切なのです

基礎となる3つの考え方?

優秀な人ほど頼れる人のレッテルを貼られて、多くの雑多な仕事が降りかかってきて、本当にやりたい仕事ができなくなるという矛盾を抱える傾向があります。そのような状況を打開するための、エッセンシャル思考の基礎となる3つの考え方があります。

❶選択する
仕事選ばずに引き受けることは、一見前向きな行動に見えますが、自分では何一つ選べないからすべてを引き受けているに過ぎない場合がよくあります。自分で選択肢を考えようとせず、言われたことをやるしかないと思い込んでいるだけかどうかは考えたほうがよさそうです。

❷ノイズは無視する
世の中の大半のものはノイズであり、本当に重要なものはそう多くはありません。エッセンシャル思考を身につけた人は、時間をかけて選択肢を検討します。本当に重要なことにイエスというために、その他のすべにノーと言うことが大切なのです。

❸トレードオフを意識する
何かを達成するためには、何かを犠牲にする必要があります。非エッセンシャル思考の人はどうすれば両立できるかを考えますが、エッセンシャル思考を身につけた人は、どの問題を引き受けるべきかと考えます

本当に重要なことを見極める技術

3つの思い込みを克服する

非エッセンシャル思考の人が陥る3つの思い込みとは、「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」というものです。このような思考ではどれに対しても中途半端で、良い結果は得られません。

これに対して、エッセンシャル思考を身につけた人の考え方は、「やると決める」「大事なものは滅多にない」「何でもできるが全部はやらない」というものです。この3つの真実こそが、私たちを混乱から救い出してくれるのです。

エッセンシャル思考を仕組み化する方法

目的を明確にする

目的がない仕事ではやる気はおきず、成果が出るわけもありません。全体の目的が完全に明確な状態であり、それに伴う個々の役割が完全に明確であれば、必ず成果に直結します

『目的』とは「目」で見える「的」のことです。『目標』とは、目的という最終的なゴールに向けて、その間に設定される小さな指標(ターゲット)のことを指します。

目的をよりはっきりさせるためには、目的達成のためにベストな目標を設定することが必要となります。その目標は、「具体的かつ魅力的、シンプルで分かり易く、定量的なもの」であることが望ましいです。

絶対にやるべきこと以外に上手にノーと言う

上手にノーと言うためには、相手との関係性を切り離して考えましょう。また、断り方のレパートリーを増やしておくことも重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました