東大発スタートアップ、国内最大規模の生成AIの開発に成功

テクノロジーネタ

東京大学から誕生したスタートアップ企業「イライザ」が、国内最大規模の国産生成AIの開発を完成させたことを発表しました。この発表は、アメリカの企業がリードする生成AI業界において、日本語特化という独自の戦略で差別化を図る試みです。

| 技術の詳細と開発過程

イライザによるこの生成AIは、パラメータ数が700億に達し、これまでの国産生成AIの中で最大の処理能力を誇ります。オープンソース技術を基に、産業技術総合研究所が運営するデータセンター「ABCI」を活用し、短期間のうちに開発が行われました。

| 国際競争におけるポジショニング

アメリカの主要企業と同等レベルの日本語処理能力を有するとされ、今後は一般公開のほか、企業や自治体への提供も予定されています。イライザの曽根岡侑也社長は、日本のAI技術がグローバルスタンダードに追いついたことを強調しました。

| 国内外の開発競争と市場動向

生成AIの開発競争は、顧客企業の囲い込みを目的として激化しています。アメリカの企業との協業を進めるマイクロソフトやグーグルが日本市場への進出を強める中、NTTやNECなどの日本企業も独自のサービス開始に向けて動いています。これらの技術は、高い処理能力を持ちつつ、導入と運用のコストを抑えることが可能です。

| 今後の展望と課題

生成AI技術の進化は、業務の効率化や新たな収益源の創出に寄与すると期待されています。イライザのような企業が市場に参入することで、顧客企業が自身のニーズに合った技術を選択できるようになり、生成AIの囲い込み競争がさらに激しさを増していくでしょう。