“インターネットFAX”を使ったFAXDMが反応率1%でも成果を出せる理由

BUSINESS

マーケティングにおいて、過去の遺物とも思われているFAXが売上アップの最強の武器になるかもしれません。

起業や副業の準備をしていて、FAXを導入をした方がいいのか?仮に導入するにせよFAXの有効な使い途はないのかそんなお悩みをお持ちの方に役立つ記事となっています。

MOVFAXの特徴について

送信料金に「通信時間条件無し」とありますが、これはMOVFAX(モバックス)の大きな特徴です。

60秒ごとに1ページとして計算されるインターネットFAX会社も多いですが、原稿の白黒の表れ方が細かいほど送信に時間がかかります。通信時間条件による想定外の送信料金がかかることにも注意が必要です。

FAXを使ったダイレクトマーケティングの利点はこれだ!!

マーケティングの概要

経営学者のピーター・ドラッカーは、「マーケティングの理想は、販売を不要にするものである」と言っています。つまり、顧客に「買ってください」と売り込まなくても、商品が売れるようにブランドを作り上げることがマーケティングの理想であるということです。

1.目的:
最終的なゴールである目的はひとつに絞り、魅力的かつシンプルにすることが大切です。

2.誰に(中心顧客)
中心顧客(WHO)は自社のブランドを届けたい最もコアな顧客層のことです。

3.何を(ベネフィット):
自社ブランドが顧客に与える価値のことであり、自社ブランドが選ばれる理由にあたります。

4.どのように(手段)
ベネフィットを中心顧客に届ける仕掛けや仕組みのことです。

中心顧客の深層心理にある本能的欲求を把握することが大切です。

そして、中心顧客の本能的欲求をコミュニケーションで刺すと、顧客はベネフィットを理解しやすくなったり、欲しくなったりするのです。

ダイレクトマーケティングとは?

「マーケティングコミュニケーション」は、商品やサービスなどを知ってもらう、購買してもらうなどの目的で顧客とコミュニケーションしていく活動のこと指します。

商品やサービスを売り出すために行う広告、SNSでの告知、キャンペーンや接客などは、すべてマーケティングコミュニケーションの一環です。

その中でも、直接顧客に対してコミュニケーションを取る手法を「ダイレクトマーケティング」と呼びます。

チラシやカタログなどの印刷物を届けるダイレクトメールは、ダイレクトマーケティングの代表的な手法です。

こちらは在宅時間が長い主婦や高齢者などに効果的です。その他にも電話やFAX、Eメールを使う方法があります。

今回は、その中でもFAXを使ったダイレクトマーケティングの利点を解説していきます。

FAXを使ったダイレクトマーケティングの利点

1.手軽、伝わり易い、届き安すい
電話は、かける側もかけられる側も精神的な負担が伴うものです。また、相手先のリアルタイムの時間を奪うという意味においても迷惑度の高い行為であることは間違いありません。

それに対して、メールやFAXは送る側も送られる側も精神的な負担はそれほど大きくありません。また、読むも読まないも、相手先次第という意味においても時間を尊重する手法であるとも言えるのです。

そして、物理的に目に入る可能性が高いFAXの方が、届きやすさにおいてもメールに勝るでしょう。

2.コスト・パフォーマンスが高い:
もちろん、チラシやカタログなどのダイレクトメールは同等以上の効果を発揮できると思いますが、印刷物を届ける郵送コスト(定型郵便物84円/通)はバカになりません

対してFAXは約8.8円(税込み)/A4裏表のコストで、チラシやカタログと同等の内容を送ることができます

起業時や副業開始時には多少なりともお金が必要となりますし、マーケティングや営業に割く予算も限りなく圧縮できるに越したことはありません。

3.情報が入手しやすい:
ホームページを有する企業であれば、ほぼ間違いなく会社概要欄にFAX番号を掲載しています。したがって中心顧客となる企業のリスト作成に大きな負担はかかりません

FAXDMのポイント

FAXDM作成のポイントは、中心顧客の本能的欲求を刺すことです。

本能的欲求にコミュニケーションが刺さった時に、自社ブランドのベネフィットを理解しやすくなったり、欲しくなったりするのです。

顧客の本能的欲求を提示して、そこを刺すメッセージを記載することをお勧めします。

インターネットFAXの利点

1.時間と場所の制約がない
迅速な対応が必要な取引先からのFAX書類。届いていたのに「見ていなかった」「見るのが遅くなってしまった」ことで重要なチャンスを失うのは避けたいものです。

インターネットFAXなら、届いたFAXを今すぐ、今いる場所で確認できます

オフィスや自宅のパソコンはもちろん、外出先でのノートパソコン、タブレット、スマートフォンにもFAX受信通知メールが届くので、新着FAXを見落とすことがありません

2.一時的な用途にもスムーズに導入:
FAXを使うには電話回線とFAX機器が必要です。数日間のイベントや数か月単位の仮設事務所など、期間限定でのFAX使用には、導入コストがカットできるインターネットFAXが特におすすめです。

FAXDM用の専用回線として新規に立ち上げてもよいかもしれません。

電話回線の開設やFAX機器のレンタルや設置、撤去などの費用も作業も不要で、インターネット環境さえあれば、タイムリーにFAX送受信ができます。

3.追記編集も紙印刷は必要なし:
受信したFAX原稿は、パソコンなどの画面上で文字や図形の挿入・編集作業ができます。追記して返信する場合も、紙で印刷する必要がありません

パソコン上で受信したFAXに情報を書き込んだり、受領印などを貼付け、送り先へ返信することが可能となります。

1送信2枚まで8.8円(税込み)なので、FAXDMを1日200件送って1760円/日、20日稼働として4,000件の送信で35,200円/月です。

ここに月額基本料金1,078円(税込み)を加えると、4000件のFAXDM送信のコストが総額で36,278円/月となります。

仮に1%の返信率だったとしても40件/月の見込み客創出につながると考えればこれほどコスト・パフォーマンスのよいマーケティングコミュニケーション戦術は他にはないでしょう。

インターネットFAXの比較検討をしたい方へ

FAXDMなどで150枚以上/月のFAXを送る方はMOVFAX(モバックス)が圧倒的にオススメですが、150枚/月以下に抑えられるのであればefaxを検討してみてもよいかもしれません。

MOVFAXに比べて1枚当たりの送受信単価が高いことと、60秒ごとの1ページ換算という通信時間条件があることに注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました