耳で聴く本”オーディオブック”は記憶に定着しやすく効率的だった

SERVICE

読みたい本はたくさんあるけれど…結局、積読つんどくになってしまっている。

通勤電車や通学電車で本を広げて読むのは難しかったり、

疲れていて読めなかったり…。

家事や子育てに追われて、ゆっくり読書をする時間も取れない…。

どんな環境であっても、読みたい本を心ゆくまで読めたらな…。

忙しいあなたも、”耳は意外とヒマしてます”

移動中や作業中、お休みのときまで「いつでも」「どこでも」「どんな状態であっても」インプットができ、記憶に定着しやすいのが”耳で聴く本”です。

耳で聴く本は”オーディオブック”と呼ばれ、Amazonが提供するオーディオブック”Audible”、そして、オトバンクが提供する”audiobook.jp”(日本語コンテンツでは国内No1)があります。

Audibleは30日間無料audiobook.jpは14日間無料で利用でき、いつでも解約できます

まずは無料でお試しされることをオススメします。

結論としての、オーディオブックの価値は以下とおりです。

|オーディオブックの価値|
❶いつでも、どこでも、どんな状態であってもインプットできる
❷移動中や作業中にも聴けるので、読書量が増える
❸読むより聴くほうが記憶に定着しやすい

❶いつでも、どこでも、どんな状態であってもインプットできる

オーディオブックはプロのナレーターや声優が書籍を読み上げてくれる”耳で聴く本”です。

オフラインでも再生できるので、移動中や作業中など

”いつでもどこでも”

”効率的に”

本を聴くことができます。

❷移動中や作業中にも聴けるので、読書量が増える

購入された書籍全体の「95%は、読了されていない」と言われています。

でも、途中まで読もうとしただけでも、まだマシです。

「購入された書籍全体の70%は、一度も開かれることがない」のですから。

オーディオブックでは、ながら読書ができるので、

読書に取り掛かるハードルが低く、読書量が増えるのです。

❸読むより聴くほうが記憶に定着しやすい

「モダリティ効果」という言葉をご存知でしょうか。

「読むより聞く、聞くより見るの方が記憶に残りやすい」というもので、

The Journal of General Psychologyという雑誌で紹介されました。

読書家でメンタリストのdaigoさんも、

オーディオブックの最大の価値は圧倒的な記憶への定着にあると述べています。

オーディオブックの価格帯は1冊1,200〜2,500円ほどで、一度に数冊〜十数冊を購入される人も多くいると言われています。

『Audible』と『audiobook.jp』の料金・配信数比較

Audibleaudiobook.jp
聴き放題月額会員
月額料金(税込)1,500円880円550円~3.3万円
配信数40万冊以上1万冊2.6万冊
無料期間30日間14日間なし

『Audible』は配信月額1,500円で、12万以上のオーディオブックやポッドキャストが聴き放題のサービスです。

購入できるタイトルも含めると40万以上のタイトルを配信しています。

『audiobook.jp』では月額880円の聴き放題プランがあり、『Audible』のおよそ半分の金額で好きなだけ聴けます。

料金の比較ポイント

  • 『Audible』は毎月1,500円で、12万以上のタイトルが聴き放題
  • 『Audible』はオーディオブックの購入が30%オフになり、1万円を超える高額作品も対象
  • 『audiobook.jp』の聴き放題プランは低額でお得に見えるが、作品数が少ない
  • 『audiobook.jp』の聴き放題プランは本の種類は問わず安さ重視でたくさん聴きたい方向け

選択する際のポイント

文芸はもちろんビジネス書や語学学習・エンタメ・ライトノベルなど基本的なジャンルはどちらのサービスでもそろっています。

無料体験を通じてご自身の読みたい本のジャンルが揃っているか確認しておくことが大切です。

Audibleは30日間無料audiobook.jpは14日間無料で利用でき、いつでも解約できます

タイトルとURLをコピーしました